【必見】THE WiFiは自動車や新幹線の移動中でも使える

結論から先にかくと、THE WiFiは走行中の自動車(車)や新幹線、電車の中でも使うことが出来ます

理由はWiMAXと違って時速300キロ以上の移動にも対応したdocomo、au、SoftBankのスマホやiPhoneが使っているでLTE(4G)の電波を使っているのでトンネル内でも地下でもどこでも高速インターネットに繋がります。

docomo、au、SoftBankのスマホやiPhoneが使える場所であれば移動中の自動車の中や新幹線の中でもどこでも利用できるというわけです。

THE WiFiは移動中の自動車(車)の中でも使える

THE WiFiはdocomo、au、SoftBankのスマホやiPhoneが使っているで電波をトリプルキャリアで使えるWi-Fiなので、高速移動中の自動車(車)でも途切れたり圏外になったりすることなく快適に使うことができます。

docomo、au、SoftBankの電波は高速移動中でも自動的により強い電波を受信できる基地局へバトンを渡すようにつなぎかえて通信を維持する「ハンドオーバー」に対応しているため高速移動中の自動車(車)でも途切れることなく使えます。

THE WiFiは移動中の新幹線の中でも使える

どんなときもWiFは新幹線の高速移動中の車内でも利用できます

たとえば東京から新大阪まで新幹線で移動すると通信に使う基地局の切り替え「ハンドオーバー」が1500回以上行われますが、一度も途切れることなくずっと通信をすることができます。

新幹線では山間部やトンネル内でも電波が入って通信ができるように整備されているので時速300キロの車内であっても電波を意識しなくても自宅にいるのと同程度の通信速度と電波の入り具合でインターネットが利用できます。

THE WiFiは地下や地下鉄でもどこでもでも使える最強Wi-Fi

地下鉄の構内も、移動中の列車内は大手キャリアの4G/LTEのためのアンテナが設置されているので電波が入りますし最近はデパートの地下街や高層ビルの中にもアンテナが設置されているのでどこでも繋がります。

 

地下鉄のトンネル内でも漏洩同軸ケーブルで電波が入る

地下鉄のトンネルの中は通常電波が入らない場所ですが、漏洩同軸ケーブルという特殊なアンテナ線をトンネルに沿って這わせているのでTHE WiFiが使うdocomo、au、SoftBankの大手キャリアの4G/LTEの電波が入ります。

そのため、地下鉄でも全く問題なく使えるようになっています。

この仕組みは新幹線のトンネル内でや高速道路のトンネル内でも同じでTHE WiFiは地下やトンネル内にも強いWiFiになっています。

THE WiFiはWiMAXと違って地下に強い

THE WiFiはdocomo、au、SoftBankの大手キャリアの4G/LTEがトリプルキャリアで使えるWi-Fiです。

通信方式 Wi-Fiサービス 特徴
WiMAX WiMAX 壁や建物などの障害物に弱く地下では利用できない
LTE THE WiFiポケットWi-Fi、docomo、au、softbankのモバイルWi-Fi 壁や建物などの障害物に強く地下でも利用できる

THE WiFiはiPhoneやスマホの電波がある場所なら使える

THE WiFiはdocomo、au、SoftBankの大手キャリアの4G/LTEがトリプルキャリアで使えるWi-Fiなのでdocomo、au、SoftBankで契約しているiPhoneやiPad、AndroidスマホやAndroidタブレットの電波が入る場所であればどこでも使えます。

THE WiFiは700MHz~900MHzの障害物に強い「プラチナバンド」も利用できます。

そのため、地下でも高層ビルの中でも、新幹線の中でも登山する時の登山道や駐車場でも使える現在最強のWiFiとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました